整体で口コミNo.1のこころ整骨院のタイトル telmini.jpg
板橋・大山で整体と言えばこころ整骨院。むち打ち治療や骨盤矯正が得意です。


HOME > メニュー > 膝痛治療

47.jpg

膝の治療について

膝を診察する際に注意しているポイントは以下の3点です。

1.膝で起こっている動き
2.サポートする筋力
3.脊椎からの要素

1については特徴的なものが挙げられます。
例えば、変形性膝関節症ではラテラルスラストと呼ばれる膝の外側への横ブレが膝の内部を破壊します。
この力に対する治療としては、筋力の強化、包帯やサポーター、テーピングなどでの保護、動きの制限が考えられます。

2のサポートする筋力についてですが、膝にかかる力によって、どこの筋力でサポートするか変わります。
ですので、まずは過緊張をおこしいてる部分を解除する必要があります。
筋肉の異常jは筋力の低下につながるからです。
滑動不全と呼ばれている、筋膜と筋膜の滑りづらい状態も多発します。
整形外科では大腿四頭筋と言う膝の前側にある一番大きな筋肉を(私が知るほとんどの整形外科は伝統的に)強化しています。
これは、筋力強化が有効だからです。やり方と、患者様の体質、努力の量によって差は出ますが、これだけでも十分改善される方がいらっしゃいます。


3の脊椎からの要素ですが、この部分は意外と重要です。
体がねじれていたり、横に倒れている方は左右の膝にかかる負担が変わっています。
膝が痛くなる際、ほとんどの方が片側ずつ痛くなるのですが、これは背骨に由来していると思われます。
また、背骨のゆがみがあると、背骨は筋肉を神経支配していますから、該当箇所の筋力は落ちる傾向にあります。
膝の筋肉は主に腰からの神経ですから、腰痛をはじめ、腰椎、骨盤の問題はダイレクトに作用していると考えて間違いありません。


また、膝には特殊疾患も多数あり、スポーツ外傷の知識と関係してきます。

※絵や声、その他コンテンツは順次追加していきます。

一人で悩んでいても仕方ありません。
気軽に相談してくださいね^^

sign.png